引越しのプラン作りです。2週間〜1週間前にやるべき身辺の整理や公共の諸手続きのポイントがわかります。

身辺の整理

家具の配置計画

新居の家具の配置図を作成しておくと、当日の引越し作業がスムーズにできます。

預貯金口座、保険類

銀行や郵便局の口座、生命保険やクレジットカード、株券などの住所変更届けを出します。

借り物の返却

図書館やレンタルビデオ屋から借りているもの、または預かっているものがあれば忘れず返却しましょう。

荷作り(その2)

タンスや机の中に入っているものや電気製品、冷暖房器具などを荷作りします。

公共の諸手続き

転出届

区市町村役場で手続きをし、転出証明書を発行してもらいます。

国民年金

区市町村役場に住所変更届けを提出します。
転居後、新住所の役所へ再び届けを出しますが、住所が変わっても手帳は変わりません。

国民健康保険

区市町村役場に保険証を返却します。
二週間以内に新住所で新たに手続きをすれば、資格は継続します。

福祉関係

児童手当などの諸資格は区市町村役場で喪失届けを出し、転居先で新たに申請します。

バイク

排気量125t未満の原付自転車は転出前の区市町村役場に廃車届けを出し、転居先で再登録します。

粗大ゴミの処分(有料)

区市町村役場に連絡し、指示に従います。