新幹線効果による地価上昇

昨日(平成27年3月18日)、国土交通省から公示地価を発表された。
それによると、金沢駅西の広岡1丁目が、17.1%の上昇で、大都市を押さえ商業地の中で日本一の上昇率であった。その要因は、3月14日に開業した北陸新幹線効果により、金沢駅周辺の不動産需要が高まっているからである。

金沢駅

数年前から金沢駅周辺は、新幹線効果を見込んだ投資が盛んになっていて、新しいマンションやホテルが建ったり、オフィスビルの空き室も減り、また飲食店の出店需要も大きくなっていた。
石川県で最も地価が高いところは、金沢駅東の本町2丁目の商業地で、68万円/㎡(上昇率8.8%)である。今回日本一の上昇率であった駅西の広岡1丁目は、34.3万円/㎡であり、駅東側の1/2の割安感も上昇率を上げている要因だろう。

小松駅

一方私が住んでいる小松市は金沢市周辺でないので、新幹線効果による地価の影響はない。ただ、全体として地価下落率が多少縮小した程度である。
小松市は、西暦2022年開業予定の金沢~敦賀(福井県)内に位置するため、今の金沢の新幹線効果は他人ごとである。金沢から福井駅までを先行開業する案もあるようで、私としては東京オリンピックのある西暦2020年まで前倒ししてもらいたい。

【北陸新幹線開業の様子】